運営者の想い「情報商材に騙された私が、大切なたった1つのことに気づくまで」

南アフリカランドの見通しをネットの意見から長期的に予想【2020年最新】

  • 南アフリカランド今後どうなる?
  • 2020年、取引しても大丈夫なの?
  • ネット上ではどんな見通しが立てられてるんだろう?

2020年南アフリカランドの見通しが気になるあなた。

結論から言うと、ネット上の意見南アフリカランドはリスクもあるが社会の動向しっかり読み取れば利益を上げられるだろう。

この記事では、南アフリカランドに関するネット上での意見・安全な取引方法・オススメ業者について詳しく説明している。

この記事を最後まで読めば、2020年南アフリカランドは安全に取引できるのか、今後の見通しが立てられるだろう。

南アフリカランドの取引は注意すべき点も多いので、特に初心者は大損しないためにも最後まで読むことをオススメする。

1. 【2020年】南アフリカランドの見通しに関するネット上・掲示板での意見

2020年の南アフリカランドは今後どうなるのか。

ネット上ではどんな意見があるのか、見通しに関する最新の情報をまとめてみた。

2020年に南アフリカランドを取引しようと思っている方は、今後の取引の参考にできれば幸いだ。

1-1. 資源国通貨ならではの影響がある

南アフリカは、資源の輸出が盛んな資源国。

南アフリカの場合は金・プラチナ・バナジウムなど鉱山資源の輸出が活発。

特に、南アフリカは中国との貿易が盛んなので、中国経済からの影響を強く受ける可能性が高い

そのため、南アフリカとの経済が密接な国との関係はしっかり把握しておいた方が良いだろう。

1-2. 中東情勢の影響も受ける

南アフリカランドは中国経済だけではなく、中東情勢からも大きく影響を受ける。

理由としては、南アフリカは原油の輸入国だからである。

そのため、原油価格によって南アフリカランドの価格にも影響を受けるだろう。

さらに、2020年ではイランをめぐる緊張状態からも、対米関係を含む中東情勢には目を見張っておくべきだろう。

1-3. 新型コロナウィルスの影響に関する意見

220 :Trader@Live!:2020/01/30(木)

クロス円全般コロナによる有事の円買いっていうシグナルは分かるのだが、ザー円という単純に2当事国で考慮すると、ザーのが強くて良くない?

そもそも有事の円買い法則はどの辺りが境界線なんだろ。東京都民20%感染したとかの状況なら、流石に円売りになるだろうし。

250 :Trader@Live!:2020/01/30(Thu)

>>220
この程度じゃ日本は危機でもなんでもないで、、、
国営企業もズタボロのジャンク
財政も立て直し不可能なズタボロの南アランドの価値は
対円で格安で妥当なんや、、、
(´・ω・`)

251 :Trader@Live!:2020/01/30(木)

先の見えないコロナで、買い支えるのすげーな

255 :Trader@Live!:2020/01/30(木)

>>251

前回安値は思いっきり意識されるから

大量利確が出てショートカバーでリバっちゃうんよね

(´・ω・`)

259:Trader@Live!:2020/01/30(木)

上げる時は押し目なし相場が多いのに…

下げる時は毎日何度も何度もリバるよな…

本当にウザすぎる、つか買ってる奴は損してるだろ…

2020年2月現在、価格への影響が懸念される新型コロナウイルス。

事実、トルコリラや豪ドルなど様々な通貨に影響が出ている。

南アフリカに関しても中国経済と密接な関係があることからも、影響されるとの意見も多く見つかった。

そのため、今後のコロナウイルスによる世界の動向についても注意しておこう。

1-4. 南アフリカランドに関するネガティブな見通し

南アフリカランドに関するネガティブな意見としては、価格の下落、政策金利の引き下げに関する声が多かった。

確かに、南アフリカランドは高金利通貨としてスワップ狙いの長期トレーダーに人気が高いため、利下げに関しては大きなデメリットとなる。

さらに、南アフリカランドのチャートを1995年から約30年間確認してみると、下落傾向が続いている。

そのため、スワップ狙いでコツコツ利益を出しても、価格の下落に伴い利益が減少して行く可能性もある。

特に初心者の「スワップ狙いなら安全に稼げる」という考えは危険になるかもしれない。

1-5. 南アフリカランドの今後の展望・予想に関する意見

Twitterでの意見

証券企業公式の意見

2020年に入り、1月3日に米軍がイラン革命防衛隊の司令官を殺害し、それを契機に中東情勢が緊迫化すると、ランドは対円で7.5円前半まで急落しました。

8日には中東情勢の緊張緩和を受けてランドは持ち直しました。しかし、9日に国営電力会社が再び計画停電を発表し、ランドは上値を重くしました。

16日に市場予想に反して0.25%ポイントの利下げが決定されたこともランド安につながりました。

足元では中国の新型肺炎の影響による世界経済減速懸念もランドの重しとなっています。

1月24日15時現在、南アフリカランドは対米ドルで14ランド台前半、対円では7.6円台前半で推移しています。

向こう1年間の南アフリカランドの対円相場レンジを1ランド=7.2~8.1円と予想します(従来予想は同7.2~7.8円)。

※投資の視点は2020年1月21日に野村マンスリー投資会議で確認された内容に基づいています。

引用元:野村証券-マーケットアウトルック – 南アフリカランド –

今後の動きとしては、中国経済・コロナウイルス・中東情勢など世界の情勢から値動きを予想することが大切になりそうだ。

そのため、ファンダメンタルズ分析を欠かさないことが大事になるだろう。

4. 南アフリカランドを取引する場合は分散投資を心がけよう

結論から言うと、2020年の南アフリカランドへの投資はリスクもあるが、社会の動向しっかり読み取れば利益を上げられるだろう。

しかし、安全に取引するためには、南アフリカランドへの集中投資は避け、分散投資すべきだろう。

特に、スワップポイント狙いで取引する方は、万が一、南アフリカランドが暴落する事態に備え、他の高金利通貨への分散投資でリスクヘッジしよう。

分散投資でオススメの通貨は新興国通貨ではなく、安定性の高い豪ドル。

初心者の場合は、リスクを抑え安全に取引することを心がけるべきだ。

5. 南アフリカランドの取引にオススメの業者4選【格付け】

業者名 スワップポイント スプレッド(南アランド/円)
Light FX 45.3円 0.9銭
サクソバンク証券 13円 0.7銭
インヴァスト証券 30円 1.8銭
SBIFXトレード 11円 ・1~1,000通貨:0.8銭
・1,001~100万通貨:0.99~4.8銭
・101万~300万通貨:2~4.8銭
・301万~1千万通貨:2~4.8銭

※スワップポイントは2020年2月5日時点の価格

南アフリカランドの取引でオススメの業者は4つ。

スワップポイントの高さ・スプレッドの狭さが主なオススメの理由だ。

さらに、「自動売買が可能」「少額取引できる」などの特徴がある業者もあるので、あなたのニーズにあった業者を選ぶことをオススメする。

5-1. 高スワップを狙うなら「LIGHT FX」

スワップポイント 45.3円
(2020年2月5日時点)
スプレッド(南アランド/円) 0.9銭
(1万通貨=90円)

※詳しいスワップ価格はこちら

南アフリカランドの取引で最もオススメな業者が、高スワップ・低スプレッドが魅力のLIGHT FX。

スワップポイント狙いの長期トレーダーから、短期トレーダーなど様々な人にオススメできるだろう。

南アフリカランドの裁量取引したい人は最もオススメできるだろう。

5-2. 低スプレッドで取引したいなら「サクソバンク証券」

スワップポイント 13円
(2020年2月5日時点)
スプレッド(南アランド/円) 0.7銭
(1万通貨=70円)

南アフリカランドを低スプレッドで取引したい方は、サクソバンク証券がオススメ。

南アランド/円のスプレッドが0.7銭と最も低いコストで取引可能。

特に、短期トレーダーにとっては利益的に取引できるオススメの業者だ。

5-3. 自動売買で取引したいなら「インヴァスト証券」

スワップポイント 30円
(2020年2月5日時点)
スプレッド(南アランド/円) 1.8銭
(1万通貨=180円)

南アフリカランドの自動売買に興味がある方は、インヴァスト証券がオススメ。

インヴァスト証券のトライオートFXでは、準備された戦略を選ぶだけで取引可能。

スワップやスプレッドの水準も比較的良好なので、自動売買でお得に取引したい方にオススメだ。

5-4. 少額から取引したいならSBIFXトレード

スワップポイント 11円
(2020年2月4日時点)
スプレッド(南アランド/円) ・1~1,000通貨:0.8銭
・1,001~100万通貨:0.99~4.8銭
・101万~300万通貨:2~4.8銭
・301万~1千万通貨:2~4.8銭

南アフリカランドの少額取引がしたい方はSBIFXトレードがオススメ。

SBIFXトレードでは、1000通貨以下の取引が可能。スプレッドも少額であればかなり狭い値で取引できる。

デメリットとなる点は、スワップポイントが比較的低いことと、取引量が増えるとスプレッドが広くなる点。

特に初心者など、少額からリスクを抑えて取引したい方にオススメだ。

まとめ|ネット上の見通しから資産を守る対策を立てよう

今回紹介したネット上の意見を元にすると、

2020年の南アフリカランドは、リスクもあるが社会の動向しっかり読み取れば、利益を上げられるだろう。

しかし、大切なことは無理に稼ごうとするのではなく、リスクを回避し安全に取引すること。

そのため、今回紹介したネット上の意見から、今後想定されるリスクから身を守るための対策を立てるべきだろう。

今回紹介したネット上の意見は「予想」に過ぎないが、参考に今後の見通しを立てることができれば幸いだ。

※あくまでも投資は自己責任なので、この記事で紹介した意見は慎重な取引を行うための参考程度に考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です